これからは、英語が一番大切

現在、あらゆる職業にそれぞれ様々な資格があり、またそれぞれの職業が化学の発展とともに複雑な知識が膨大に膨れ上がって、すべての知識を吸収することは不可能です。
しかし、ネットによって開かれた情報網は、検索ひとつであらゆる知識を得ることができ、専門職でなくとも、それ以上の知識を得ることも可能です。
そんな中で、英語・仏語・中国語などの語学は、様々な知識をより多く得るための必須のアイテムであり、これからの時代はこれがなくては、時代に先駆けた情報を得ることはできません。
現在は、大学で様々な専門分野を学んでも、それを活かせる職場は少なく、相変わらず就職や転職は厳しいのが実情です。
そんな中、英語の語学力があれば、翻訳などの仕事ばかりではなく、あらゆる分野のビックチャンスへと繋がっています。
日本は、ネット上でもなかなか国内の域を出ませんが、世界に開かれたネット上には、ビジネスの市場を海外に向ければ、あまり資本をかけなくとも、まだまだ、成功へのチャンスが眠っています。
また、英語の語学力があれば、海外での情報をいち早く知ることもでき、それをいち早く国内に普及させるビジネスも可能です。
2020年には東京オリンピックの開催が決定となり、それにむけてこれからは多くの外国人が日本に詰め掛けます。
今や世界の共通語となった英語は、そんな語学の中でも基本的な柱で、これを習得することは、間違いなく将来の安定した収入へと繋がると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です