将来に有利な資格

現在はどんな職業においてもそれぞれ様々な資格があるが、将来的に安定してその資格が優遇される資格というと、かなり限定的となる。
既に、教員免許では、免許が生涯に渡って有効なものではなく、必要な講習とともに免許の更新制度が実施されている。
宅建主任者や行政書士と言った国家資格でも、何かを理由に一旦職を失ってしまうと、30を過ぎると免許だけでは就職が難しいという報告もある。

そんな中、看護師の資格は、現在の高齢化の問題から慢性的に人手不足で、就職が困難な今の時代でも、日本全国で豊富な求人がなされている。
看護師の資格は、医師や弁護士よりも勉強範囲が狭いこともあり、手にしやすい資格です。
毎年の合格率が90%以上の誰もが目指せる身近な国家資格です。

看護学校へ入学するには、看護大学にするか専門学校にするか?迷うと思います。
一般社会人からの転職がとても厳しい状況なので、興味があればとことん地域にある学校について調べてみることをおすすめします。
社会人から看護師を目指す際は、学費を支援している病院を探す。あるいは医師会の養成所を目指すことになります。
学費と生活費に困らないのであれば、看護大学に進むことも可能です。

「若い労働力の使い捨て」と言われる現在でも、将来に安定した職場を求めることができ、また経験や年齢と言った評価が収入に反映しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です